かんたん検索

こんなときは届出が必要です

栃木県外へ転出するとき

[申請に必要なもの]
  • 保険証
  • 本人確認ができる書類
  • 個人番号通知カード等
  • 印かん

栃木県内へ転入するとき

[申請に必要なもの]
  • 負担区分等証明書
  • 本人確認ができる書類
  • 個人番号通知カード等
  • 印かん

障がい認定を受けるとき

65歳~74歳の一定の障がいのある方が、後期高齢者医療制度へ加入しようとするとき
[申請に必要なもの]
  • 障がいを証明する書類
    (年金証書、身体障害者手帳、精神障害者保健福祉手帳、療育手帳などのいずれか1つ)
  • 本人確認ができる書類
  • 個人番号通知カード等
  • 印かん

障がい認定を取り消すとき

65歳~74歳で一定の障がいのある方が、後期高齢者医療制度を脱退しようとするときや、障がいの状態が非該当になったときに届け出が必要です。
[申請に必要なもの]
  • 保険証
  • 本人確認ができる書類
  • 個人番号通知カード等
  • 印かん

生活保護を受けるとき

生活保護受給者は後期高齢者医療制度の適用除外者となっており、75歳になっても引き続き生活保護法の枠組みで医療給付を受ける事となります。
[申請に必要なもの]
  • 生活保護開始決定通知
  • 保険証
  • 本人確認ができる書類
  • 個人番号通知カード等
  • 印かん

事故にあったとき

【第三者行為による被害届(傷病届)について】 交通事故など第三者の行為によって病気やケガをした場合でも、届出により後期高齢者医療制度で医療を受けることができます。 この場合、広域連合が医療費を立て替え、加害者にその費用を請求します。ただし、加害者から治療費を受け取ったり示談を済ませたりすると、後期高齢者医療制度で医療を受けられなくなることがありますので、示談の前に必ずご相談ください。
[届出に必要なもの]
  • 第三者行為による被害届(傷病届)
  • その他必要書類
  • 交通事故証明書
  • 保険証
  • 印かん

被保険者が亡くなったとき

被保険者が亡くなったとき、その葬祭(葬儀)を行った方に5万円が支給されます。
[申請に必要なもの]
  • 葬祭を行った方の印鑑
  • 葬祭を行った方の通帳(金融機関名、支店名、預金種別、口座番号、口座名義のわかるもの)
    ※本人以外の口座への振込は、委任状が必要
  • 会葬礼状、葬祭を行った方宛の領収書等、葬祭を行った方を確認できる書類
  • 保険証
  • 本人確認ができる書類
  • 個人番号通知カード等
このページのトップへ